不妊症の悩み改善策

不妊症の悩み改善策

MENU

不妊症の悩み改善策

不妊症とセックスレスの間には何か関係があるのでしょうか。

 

かつて世界のコンドームメーカーが世界41カ国32万人を対象に行なった調査によると、日本人の1年のセックスの回数は世界最低という結果が出ています。

 

だいたい週に1回弱のペースですね。日本の少子化の原因=セックスレスといわれると、そうなのかなとも感じるのですが果たしてどうなのでしょうか。

 

 

セックスの回数が多ければ出生率が高いといえるかというと、例えばセックス回数の多いギリシャでは年に138回なのに対し出生率は1.27、45回の日本は1.32との結果が出ています。

 

一方、75回と3番目にセックス回数が少ないインドでは出生率1.8というデータがありますし、ついで少ないインドネシアでは77回で出生率は2.3とのことです。

 

セックスレスと不妊には特に関係があるということはいえないようです。

 

他の研究でも実証的かつ科学的に裏付けたものはありませんでした。セックスの回数が多いからといって、出生率が高いとまでは断定できないのです。

 

だから別のところに原因があると考えるべきでしょう。

 

 

不妊症治療とメンタルケア

 

不妊症治療では思い込みではなく、早めに医師に見せて、夫婦そろって相談しお互いに納得した上で治療に取り組むことが大切です。

 

しかしそれでも女性の側の負担は重く、精神的にも肉体的にもつらい思いをします。

 

身内や親戚からは子供はまだかとプレッシャーを掛けられます。

 

薬の副作用に耐えながら検査を繰り返してもなかなかすぐには好結果が出てきません。

 

妊娠できたとしても流産することもあり、そのたびに気持ちが折れそうになります。

 

 

ホルモンを刺激する薬はむくみが出たり、ほてりが出たり、眠気が強くなったりする副作用が人によっては強く出てきます。

 

このようなつらさからストレスを溜め込むと、治療の効果がますます期待できなくなります。

 

不妊症治療に必要なメンタルケアで一番大事なのは夫の理解と協力です。

 

夫が一緒に考えて悩んで協力してくれる姿を見せるだけで女性は安心するものです。

 

家事を手伝ったり、体をさすってあげたり、男性に出来ることはたくさんあります。